チーコーチ

左から読んでも右から読んでもチーコーチ。

仮説→行動→修正

ひたすら「玉ねぎやレモンを切る」という単純作業を繰り返すときは、どうしたら効率よくできるのか考える。

 

どの包丁を使うのか?

包丁のどの部分で切るのか?

包丁の動かし方は?

切るテンポは?

 

仮説を立てて行動して、修正する。

これはできる。

 

でも、フットサルの最中に「あっ。直さなきゃ。」と思ったときに行動ができない。

 

私自身が考える行動ができない理由は二つ。

・修正案が瞬時に出てこない

・大縄跳びのときに入るタイミングはわかるけど、入れずにずーっと止まっている人みたいに言うタイミングにすぐ言うことができない

 

後者は特に苦手意識がある。

2人での会話だと喋るけど、3人以上の会話になると会話のキャッチボールのリズムに入れず喋ることができない。

 

なんでだろう?

 

会話のリズム感がないのでしょうか?